ホーム/活用事例/ケーススタディ/英国MUSION 3D社  3Dホログラムシステム

活用事例

英国MUSION 3D社  3Dホログラムシステム

ケーススタディ 2017.09.24

3Dホログラムとは?

■驚きの視覚効果が、ステージ演出の世界を変える ―



 

3Dホログラムとは、3D映像用メガネをかけなくても立体映像を観ることができる、

現時点で世界最高峰の立体映像技術。

人物の存在感や場の臨場感をリアルに再現した映像や、未来的なアプローチの広告映像投映など、

観る人に驚きや感動を与える映像演出が可能です。

3Dホログラム映像技術をリードする英国のMUSION 3D社

■世界品質。“リアル”を映し出す、先進の3Dホログラム技術


イギリスのMUSION 3D社は、最高の3Dホログラム技術をグローバルに展開。

リアルな立体映像を空間に出現させるステージ演出は、既に世界で700以上の実績を誇ります。

2014年5月に披露された故マイケル・ジャクソンの復活ステージは、世界中で爆発的な話題となり、

現在この分野で最も注目を集めている技術です。

当社が提供するのは、このMUSION 3D社の開発した3Dホログラム専用フォイル。

驚きの映像は、優れた最新機材とハイクオリティなコンテンツ、この特殊なフォイルによってもたらされます。

活用シーン

■幅広い分野のステージ演出で活用可能


エンターテインメント、ビジネス、政治まで幅広い分野で活用できます。


例えば実際に海外では、ライブ、イベント、プレゼンテーション、新商品発表、展示会、劇場等の常設施設、

政治家の演説、テレビ放送等に幅広く用いられています。

映像/空間演出の切り口も幅広く、人間と映像のコラボレーション、リアルタイム中継を利用した

複数地点での同時開催、他の映像技術との連携、故人の復活(デジタルレザレクション)等の演出が可能。

今後、世界中のエンターテイメントやビジネス領域において、大きな市場拡大が見込まれます。

装置の仕組み

観客とステージの間に斜めに設置した特殊なフィルムに映像を反射させます。

これはゴーストトリックと呼ばれる古くからある舞台技術を応用したもので、観客はあたかもステージ上に

人物やモノがあるように錯覚します。

MUSION 3D社はよりリアルな質感を再現するため、照明・撮影・コンテンツ制作など

関連する周辺技術を3Dホログラム映像のために最適化し、独自のアプローチで最先端のステージ演出へと昇華しています。

 

1.天井反射方式

天井に設置したスクリーンに映像を映し、フィルムに反射させる方式



 

2.LEDディスプレイ方式

床面(または天井面)に設置したLEDディスプレイに表示した映像をフィルムに反射させる方式



 

※ 弊社は、イギリスのMUSION 3D社およびMUSION EVENTS社の3Dホログラムシステムについて許諾を受けた日本市場における正規代理店です。

※ このページのコンテンツ(文書・写真・イラスト等)は、MUSION 3D社、MUSION EVENTS社および弊社が有する著作権により保護されております。

※ 「3Dホログラム」とは、MUSION 3D社の提供する立体映像演出の弊社における呼称であり、必ずしも厳密な技術的特徴を表すものではありません。

※ この記事は2015年1月28日に公開された内容に一部加筆したものです。

 

 

ギャラリー

本物のパフォーマーとアニメーションキャラクターの共演事例

 

【3Dホログラム】NINCHRO FIGHT with HUMAN BEATBOX

動画提供 : 映像クリエーター 清水誠一郎 様

お問い合わせ サービスに関するご質問・ご相談やカタログのご請求などはこちらから

WEBからのお問い合わせ

レンタル機器に関するお問い合わせカタログ請求

お電話でのお問い合わせ

03-5543-1771(営業時間:平日9:30~18:00)

PAGE TOP

株式会社 シネ・フォーカスは、映像機器レンタル、音響機器レンタルから映写サービス、映像制作まで。トータルビジュアルサービスを提供しています。

Cinefocus

Copyright © Cinefocus Corp. All Rights Reserved.