TIPSお役立ち情報

  • TOP
  • お役立ち情報
  • プロジェクターの選び方
2020.10.28

プロジェクターの選び方




5対1の法則


スクリーンの照度と環境光

イベントの屋内・屋外の場所による明るさ、つまり環境光によってもスクリーンの照度を考える必要があります。せっかく高価で明るいプロジェクターを用意しても、上映に適した環境を作ることができなければ、その性能を最大限活かすことはできません。

映像コンテンツがメインの場面では、照明をコントロールし、スクリーン照度(ルクス):環境光照度(ルクス)の比率を少なくとも5:1以上は確保したいところです。







必要なのは「300ルクス」以上


スクリーンの照度とプロジェクターの輝度

スクリーン照度とは映像が投影された際のスクリーンの明るさの度合いであり、プロジェクターの輝度とは、プロジェクターから出力される光量の度合いです。下記では、実際のプロジェクターの性能からスクリーン照度を算出してみます。








暗転状態※におけるスクリーン照度の算出方法(全白投影時)

※暗転状態とは環境光の照度が0ルクスの状態、つまり照明が一切灯っていない真っ暗な状態のことです。








400ルクスを超え、最適な環境光を保つことができれば〈図1〉のように鮮明で見やすい映像を投影することが可能です。しかし、十分なスクリーン照度でなければ〈図3〉のように暗く見づらいものとなります。






このように、プロジェクターを選ぶ際には「照度」「輝度」そして「環境光」がポイントになることがおわかりいただけましたでしょうか?

この他にもプロジェクターごとの特徴や会場環境などによって推奨のプロジェクターは異なります。「たくさんありすぎて選べない・・・」「こんな場合はどれにしたらいいの?」などお困りなことがありましたら、当社スタッフまでお気軽にご相談ください。


ぜひこちらの記事も一緒にご覧ください


TIPS:スクリーンの選び方
TIPS:ケーブル/コネクターガイド

お問い合わせ

サービスに関するご質問・ご相談やカタログのご請求などはこちらから